茅ヶ崎、藤沢、平塚の教会。茅ヶ崎駅に一番近いプロテスタント教会、湘南恩寵教会です。朝礼拝ではローマ書の連続講解説教。夕礼拝(夕拝、夜の礼拝)では、初心者の方や、中高生の学びを意識して、「使徒信条」に沿って、聖書のおはなしをしています。入門者歓迎。

坂井牧師の「牧会通信」No.1-10

毎週の週報に掲載されているミニコラムです。日々の生活や、教会の内外の皆様との交流の中で感じたことや、目指すべき教会像などなど、牧師の心にあることを皆さんにお伝えしています。

No. 1 牧会通信はじめます

(2021年1月10日)

     思うところありまして、毎週の週報に短いコラムを掲載することにいたしました(毎月出していた牧会通信は中止します)。本当は、今年は懇談会を通して、丁寧にみんなで対話を深め、教会のこれからのヴィジョンを確立したいと願っていました。しかしコロナ禍の勢いが続く中、それもままなりませんので、こうしたコラムを通して、牧師が何を考え、どのような祈りをもって群れを見つめ、湘南恩寵教会がどのような教会になってほしいと願っているのかを、お伝えしていきたいと思います。感想もぜひお聞かせください。お付き合いをよろしくお願いいたします。 

No. 2 対話を大切に

(2021年1月17日)

    私は委ねられた群れを導くうえで、教会に連なるお一人お一人との対話を大事にしたいと思っています。個別での学び会、訪問また会食などを通してじっくり語り合い、その方が大事にしておられることを聴かせていただきます。そして私の大事にしていることも聴いていただきます。その際には、すべて分かり合えるはずという前提は持ちません。私の考えをすべて受け入れていただくことは望みませんし、皆さんそれぞれの考えを全面的に受け入れることもしません。私たちは他人同士、完全に理解しあえるはずがありません。でも、同じ主に選ばれ、愛し合うようにと招かれた神の家族です。ですから、 対話を重ねて相互の「違い」を認めた上で、信頼関係を築きたいと願います。 そういう対話を通し、主が私を変え、皆さんをも変えていかれるのです 

No.3 オンラインの恵み

(2021年1月24日)

   コロナ禍において、私たちの教会も様々にオンライン対応が進みました。そしてそれによって、これまでにはない形での宣教が進められています。 毎週の説教録画は数十人の方に視聴され、献金をささげてくださる方もいらっしゃいます。Zoomを通して自宅で礼拝をささげておられる方も多くいますが、その中には、それまで私たちの教会と縁遠かった2人の若い姉妹もいます。 毎週土曜日には、私がメールで10名ほどの方に週報や説教要約をお送りしていますが、そうしてメールのやりとりをする中で、求道の友や客員の方々との語らいが深められてもいます。名古屋にいるA兄とのオンライン学び会も毎週行っています。SNSを通しての宣伝によって、一人の求道の友が礼拝に導かれました。根は確実に広がっています。やがて春には花が咲きます。

No. 4 先週の葬儀の慰め

(2021年1月31日)

   先週26日、N姉の葬儀が無事執り行われました。湘南に来てから初めての葬儀でした。コロナ禍ゆえに地上においては結局一度もお会いできませんでしたが、それだけに、祈りをこめて司式・説教いたしました。クリスチャンである姪御さんのリクエストで「花も」を賛美し、なんと私がギター演奏まで・・。時折笑い声さえあふれるような、慰めと希望に満ちた葬儀になり、ご遺族も大変喜んでくださいました。「私もキリスト教で葬儀をしてほしい」との声もいただきました。参列くださったS姉とご遺族の方がお知り合いだったというサプライズまであって、主の導きを強く感じさせられた一日でした。ご遺族が求道の道に進まれることを祈っています。

No. 5 夕拝はじまります

(2021年2月7日)

  今週からいよいよ夕礼拝が始まります。日曜日の一日を礼拝に集中する 安息日として取り分けるために、夕拝を実施したいと前々から考えておりましたが、なかなか踏ん切りがつかずにいました。しかし、朝に出席できない方からの強い要望と、教師会における先輩牧師からの「伝道のためには夕拝しなさい」との助言に背中を押され、開始に至りました。時間帯をどうするかも悩みの種でしたが、伝道の機会を増やすためにもいっそのこと2回やろうとの牧師の冒険を、長老たちが支持してくれました。ニコデモの様な、夜の 求道者との出会い(ヨハネ3章)を楽しみにしています。また、中高生たち などの信仰教育のためにも豊かに用いられますようにと願っています 。 

No. 6 受付奉仕

(2021年2月14日)

   先週礼拝後に、受付奉仕の心得についてみんなで分かち合い、初めて来会された方をあたたかくお迎えするためのアイディアを出し合いました。受付奉仕者は椅子に座らないこと、声掛けを意識すること、礼拝後に紹介をしていいかどうか事前に確認する・・etcが共有され、受付台の場所も玄関扉の 近くに移しました。『礼拝終了後、牧師がすぐに玄関に移動し、挨拶してほしい』との要望もいただき、早速、夕礼拝の時から実践することができました。 大切にすべきことは色々ありますが、なんといっても『笑顔でお迎えする』、 これに尽きます。受付だけでなく教会みんなで、笑顔でお迎えしましょう。

No. 7 夕拝の目的

(2021年2月21日)

   今月から夕礼拝が開始され、大変祝福されたスタートを切ることができています。この夕礼拝の開始のひとつのきっかけは、水曜祈祷会で読んでいる朝岡勝牧師の「教会に生きる喜び」という本です。その本の中で、夕拝の目的として「一番の目的は、主の日を一日、神の前に過ごすというライフスタイルを実践したい」とありました。「朝に夕に」礼拝する恵みを皆さんと分かち合いたい。礼拝で始まり、礼拝で終わる主の日、その礼拝から派遣される一週間へと皆さんを送り出したいとありました。私もまったく同じ思いです。 「今日は、我らの主にささげられた聖なる日だ。悲しんではならない。主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。(旧約ネヘミヤ記8:10)」 主を礼拝することは、私たちの力の源です。共に礼拝しましょう。 

No. 8 教会に連なる者の使命

(2021年2月28日)

   「子どもと親のカテキズム」を礼拝で読んでいますが、問42からは「教会」についての教えが続きます。私たちが大切にしている「神の家族」という教会観も示されています。今日の問44では、教会に連なる私たちの「使命」という意識がもたらされます。私たち湘南恩寵教会には主に託された「使命」があり、教会のメンバーは、それぞれの家庭や職場でその「使命」を果たすべく「派遣」されていきます。しばしば言われますが、教会員は顧客・消費者ではなく、教会はサロンではありません。派遣された者たちが集合する前線基地であり、戦いの途中で安息を得る休憩所であるという意識も持ってほしいのです。 牧師は、その教会の戦いを先導するべく主から遣わされたリーダーです。 皆さんを励まし、皆さんと共に「使命」を果たすために、私は来たのです。

No. 9三寒四温

(2021年3月7日)

   三寒四温といいますが、依然として厳しい寒さを味わいつつも、春の訪れを感じさせられる陽気に心躍る、そんな季節を過ごしています。私は庭いじりが趣味ですが、草花の芽が動き出す早春というのは特別にウキウキします。とりわけ暖かい日には、土を豊かにしてくれる微生物の息遣いさえ感じられるような思いがして、やがてパールピンクや純白の花に覆われることになる庭模様をイメージしながら、わけもなく庭に出てぼんやり過ごしたりしてしまいます。教会の歩みも、三歩進んで二歩下がるような、忍耐を要する歩みを繰り返しながら、ゆっくりと、でも確実に春へと向かっていくことを信じています。一つ一つの草花の個性的なフォルムとカラーが交錯しながら、 美しい景色が作られていきます。教会も、きっと同じだと思います。

No. 10説教のための対話

(2021年3月14日)

   3月7日の礼拝説教(ローマ7:17-25②「わたしはなんと惨めなのか」)が好評です。私としても、記憶に残る御言葉体験をいただいた説教でありましたし、ひとつの理想のかたちを具現化することができました。それは、牧師の孤独な作業としてではなく、神の家族としての教会全体の営みとして説教を準備し、みんなで耳を傾けるというものです。具体的には、牧師と聴衆との対話の中で獲得された言葉が多用されるスタイルになります。前週の礼拝説教の恵みの分かち合いが、次週の礼拝説教準備に反映されることで、恵みが増幅し、「主が生きて、私たちの教会に語りかけてくださっている」との リアリティーが生まれます。こういう対話を、もっと重ねていきましょう。 

No. 11 娘の卒業に感謝

(2021年3月21日)

    

  先週金曜日、次女の小学校の卒業式がありました。たった1年だけの茅ヶ崎小学校での生活でしたが、たくさんの友だちと笑い合っている姿に胸が熱くなりました。このコロナ禍の中での転校生としての日々、大変な重圧だったことでしょう。でも本当によくがんばりました。それは、長女も長男も同じです。転校していきなり休校の試練の後、緊張に顔をこわばらせて登校していた子どもたち。友だちができないと、泣きべそをかきながら下校してくる日々でした。しかし、主は彼らに、たくましさを与えて下さいました。良き出会いを豊かに備えてくださいました。親は何もできませんし、していません。神の恵みをいただいて、彼らは自分の足でステップを踏み越えていきました。皆様には本当に、祈りの支えを強く強くいただきました。主にあって心から感謝いたします。祈りを聞かれる主の憐れみ。主の御名はほむべきかな。 

牧会通信トップページへ(最新号はこちら)

牧会通信No11-20はこちら